--.--.-- >> スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- >> スポンサー広告 + Trackback(-) + comment(-) + Top
2005.08.30 >> 会いたくて/会いたくて/君への想い/涙そうそう
「広島・昭和20年8月6日」

残念ながら途中からしか見られへんかってんけど…。
戦争ドラマはできるだけ見るようにしてるんやけど、
これはちょっとおもんない方に入るかな…と思ってた。
ざわわの八木Pと遊川脚本(←ちなみに女王の教室)やし期待しててんけど…

3姉妹の恋愛とか友情とかに時間割きすぎのような気がした。
「こういう、今の時代と変わらない普通の女の子たちが
 戦争の被害にあったのですよ」と伝えたかったんかもしれんけど。
別に派手な爆撃シーンを期待してるわけでももちろんないよ。

ただ、「8月6日」になってからの展開はすごかったと思う。
3姉妹それぞれに場面が目まぐるしく切り替わって、
ささやかな幸せに包まれながらも
時計の針は刻々と8時15分に近づいていく。

広島へ向かう汽車を襲う暴風の迫力がすごかった。
あれほどの勢いで風が「激突」したのに車両が倒れへんのがなんか変やったけど。
んで命からがら広島にたどり着いた国分が
黒い雨の中 見つけたのは松たか子の影が焼きついた岩…。

う~ん…。
こんなことがあったっていうのに
なんでまだ核兵器なんて持ちたがるんやろうね…。

そしてこのドラマ最大の失敗は、
エンディングのスタッフロールで「涙そうそう」が流れる中、
実際に被爆された方々の写真を流したことね。
それまでのドラマなんてふっとんだもの。
どんなに優れた物語も、事実には勝たれへんのかな。

ところで「涙そうそう」って、沖縄の歌やんな…?
スポンサーサイト
00:23 >> 他愛のないこと + Trackback(2) + Comment(0) + Top
<<もう泣かないでおくれよ/さびしがりな恋心 / Home / 窓から/I hear the singing blues/恋人たちだけの>>
Comment
コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可する

Trackback
Trackback URL
http://na.blog3.fc2.com/tb.php/144-7b367039
原爆ドラマ見ました
とはいえ、はじめの1時間ほどを見逃してしまったので末っ子のお家での活躍ぶりが見れずに残念でした。(多分末っ子の出征後から見はじめたっぽい)戦争の悲惨さももちろんのこと、人種差別についても触れられてましたな。ほんとはもっとひどいことしてたんだろうと思うので

GARAKUTA*CATALOGUE 2005.08.30 00:56
「広島」
今年は原爆投下60年のせいか、例年以上に原爆特集が多い気がします。「広島 昭和20年8月6日」、観てました。ってか、最初40分ぐらい 観忘れてしもーた・゚・(つД`)・゚・それにしても、原爆投下直後の様子(再現だけど)を久々に観たのだけど、やはり何か思い詰めてしま

Freely naturally 2005.08.30 22:40
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。